読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chef実践入門を実践してみる その2

前回Vagrantインストールがちっともうまくいかなかったため、
いろいろ検索して四苦八苦しましたが、
結局今回やりたい論点はそこではない、ということで
アンインストールして、別の記事を参考にインストールしなおしました。

再インストールしてみたものの

64bitOSで再トライし、セッションのtimeout時間を直してみても
どうしてもprivate keyの交換の後でうまくいかず。

virtualbox側のエラーを確認してみたところ、
拡張機能が不足しているエラーが出ていたため、バージョンを上げ、追加してみました。




上手くいかない。。。

GUIで立ち上がるようにしてもダメだったため、
再度32bitOSでトライしてみたところ・・・・・
成功!

原因

・Virtual box側のバージョンが古く、外部からの接続系の拡張機能が無効になっていたこと。
・仮想化支援機構を有効化できないPCだったが、64bitOSで実行しようとしていたこと。

おそらくこの2点だったのだなと思いました。

MacBook-Air:work2 momo$ vagrant ssh
[vagrant@localhost ~]$
[vagrant@localhost ~]$ cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.8 (Final)

上手くいきました。。。。
思わぬところで足を取られましたが、
これでようやく本筋へ。。!